不動産担保融資とキャッシングの違い

ここまで、不動産担保についてさまざまご説明してきました。

しかし、資金調達方法は不動産担保融資だけではありません。

他で有名なものに「キャッシング」があります。

「キャッシング」とは、金融機関からお金を借入れ、翌月一括で返済するというものです。

最近では分割払いができる金融機関もありますが、基本的な意味合いは上記です。

不動産担保融資と違う点は、キャッシングの場合、多くの金融機関では、無担保であること、即日融資が可能であることが挙げられます。

すぐに資金が必要になったときにとても便利です。

しかし、キャッシングの場合は、無担保であることから金利が高く、融資額も低いです。

また、不動産担保融資のように長期返済はできません。

ちょっとした資金不足の場合はキャッシングが便利ですが、やはり高額融資が必要な場合は不動産担保融資を選ぶ方が安全です。