不動産担保の契約書と注意点

では、今回は、実際に融資を受けるために不動産担保ローンを組む場合についてご案内します。

不動産担保ローンを組むには、必要書類を準備した上で銀行で申込みをします。

銀行では、不動産自体の価値や申込者の信用を元に融資可能かどうかを審査します。

無事審査通過することができたら、いよいよ契約です。

不動産担保ローンの契約書は、正式には「金銭消費貸借契約書」と言い、融資契約を結ぶ上での細かな条件が書かれています。

中には、審査を通過した時点で安心し、条件を確認せず契約書にサインをしてしまう人もいますが、不動産担保ローンの契約書には大切な事項が書かれているので、しっかり目を通し、すべて納得した上でサインをするようにしましょう。

ご存知の通り、「サイン=同意」となりますので、契約時は慎重に。

融資に関する事項には、難しい用語も多いので、不明点があれば都度担当者に確認するようにしましょう。