手形貸付と不動産担保の違い

銀行の事業融資の一つに、「手形貸付」があります。

この「手形貸付」とは、借用証書を作成するのではなく、手形を担保として銀行からお金を借りる方法です。

「手形貸付」は、一年以内の短期融資に利用することができます。

資金使途は、事業の運転資金や賞与資金となります。

一方、「不動産担保」とは、字のごとく不動産を担保にして銀行からお金を借りる方法です。

「手形貸付」との大きな違いは、資金使途が自由という点です。

また、担保にする不動産の価値によっては、かなりの額の融資を受けることも可能です。

ちょっとしたリフォームや、一時的な資金調達としては「手形貸付」、ある程度長期な資金調達や大きな事業に対しては「不動産担保」を利用するのがいいでしょう。

また、「不動産担保」でも短期型があるので、比較して検討してみるのもいいでしょう。
不動産担保についてこちらをチェック…ABCサニー

ただし、「不動産担保」の場合、不動産の状態や種類によっては思っているより融資を受けられない場合があるので注意しましょう。